読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

「感想」を探したいのに「あらすじ」ばっかり出てくる。

面白い!と思ったドラマや映画、本と遭遇すると、私はすぐさま他の人の感想を読みたくなる。

要は、一緒に「あの作品ってめっちゃ面白かったよねー!」「あの時のあのキャラってこういう気持ちだったんじゃない?」みたいに盛り上がりたい。

 

今はネットがあるから、わざわざ周りの人に本を読んでもらわなくても、すでに読んだ人を探せるから楽だ。

 

でも最近はそのサイトが変だと感じる。

 

作品名 感想 で検索をかけて、上位に出てくるサイトの多くが、作品の「あらすじ」を紹介しているものばっかりなのだ。

勿論感想も載っているけど、あらすじ9割、感想1割の配分。

しかも感想は「美しい作品だった」とか「ハマる人はハマるだろう」とか、なんていうか当たり障りのない文章というか。

 

作品名 あらすじ で検索してそれ系のサイトが出てくるなら問題はない。

むしろあらすじを知りたいから、詳しく説明してくれてありがとうと言わざるを得ない。

でも私は、感想が知りたいんだ!

読んだ人がその作品のどんなところが好きになったとか、結局最後はどうなったと思うか、実はこんなところで伏線がはってありますよとか、その人の個人的感情入りまくりの、感想が読みたいんだよ。

 

ていうか、「感想」で検索かけたんだから、むしろあらすじは全くいらない。

もう内容知っているから、「この作品は大学生である主人公〇〇が…」みたいなものもいらない。

最初から「〇〇さんのあの行動は、こういう意味があったんだと思う」みたいに、本を読んだことがない人が見たら意味が分からない、というものでも良い。

読んだ人は〇〇さんがどういう人が知っているし、あの行動というのも分かるから。

 

あらすじ?そんなのないよ!先に本読んでね!のスタイルで、

感想ばかりひたすらしゃべってるしゃべくりみたいなサイトが上位に出てきてほしい。