読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

この世を盛り上げる為だけに存在している60億人のNPC。

私は人を妬んだり羨んだりすることが非常に多い。

 

自分自身が特にこれといった特技を持っていないし、そういう努力もしてこなかった。

だから強みがないのは100%自分のせいである。

そうありながら、分かっていながら、

強みを持っている人を見ると心がざわざわしていた。

 

かわいい芸能人を見れば羨ましがり、

絵がうまい人を見れば羨ましがり、

宝くじに当選した人を見れば羨ましがり、

すごい仕事をしている高給取りの人を見れば羨ましがり、

 

とにかく羨ましがりの権化みたいな人間だった。

 

でもそういう考えだと自分がすごく苦しいんですよね。

妬んだって自分の何かが良い風に変わる訳でもないし。

 

そういうことであまりに苦しい。

だから自分を救うために、

 

あるひとつの考え方に行きついた。

 

それは、「私以外の人は生物を含め全員NPCだと考えよう」ということだ。

 

NPCとはゲームの言葉で、ノンプレイヤーキャラクターを指す。

 

例えばRPGで

「ここは始まりの町です」とか言っている仲間にならない町の人たちや

ゲームを説明したり盛り上げる為だけに存在している、

直接プレイできない人たちである。

 

この世で自分以外をNPCに置き換えてみよう。

10億円の宝くじに当たった人がいる。

羨ましい。

もう働かなくていいじゃないか。

なんで私じゃないんだ。

悔しい。

 

でも待って!

この人は最初からそういう役割を与えられている人である。

宝くじというイベントを盛り上げる為に存在している人であり、

宝くじが当たっているさまを私に見せて私に「宝くじ買おうかな?」という行動をさせるのが仕事なので、宝くじに当たるのは必然だ。

 

だから、あの人は宝くじに当たったのに、なんで私には当たらないのだろうと妬む必要はない。

 

宝くじに当たったというプログラムの元に作られたNPCだから。

 

絵がうまい人は、絵がうまいという特技を持つNPCである。

イラスト業界を盛り上げる為に存在しているNPCの1人であり、ただの背景だ。

日本はイラストを描く人が多いのでこのNPCは多いし、

たまにNPC同士で争いや確執が起きたりする。

 

でもそれも所詮はそういうNPCだ。

 

リアリティを持たせるために、ある特定のNPCにそういうイベントが仕込まれているだけだ。

 

そういう争いを見せて、「うーん、私はこっちのイラストの方が好き」とか「争いはよくない」とかそういう何らかのメッセージをプレイヤーである私に伝えるのが仕事である。 

 

だから妬む必要はない。

NPCだから、元々うまい。

そういう設定なんだ。

 

きのこたけのこのように、

いくら言っても分かり合えない人間がいる。

 

そういう人たちもNPCだ。

ゲームの中にも、こちらがどんな選択肢をしても同じ答えしか返さないNPCがいるよね?

せっかくロードして聞き直したのに、同じ答えやん!って奴。

 

そういう人たちはそういう風にプログラムされているから、しょうがないんだ。

同じことしか言わないようにプログラムされているNPCに100回尋ねても答えは一緒だ。

 

そう考えると、イベントを用意されていないNPCの考えを変えることはほぼできない。

 

 

 

もっと大きく言えば、

この世にプレイヤー、つまり人間として存在しているのは私だけだ。

 

地球には今60億人くらいの人間がいるそうだが、

私を除いた60億人は全て、私がいるこの世を盛り上げる為だけに存在している、板に書かれた絵とも言える。

 

宝くじを買った人間は、私しかいない。

絵を描いた人間も私しかいない。

 

 

だって人間は私しかいないんだから。

NPCはただの指標でありガヤだ。

 

こう考えると人生が楽になるので、そう考えている。

 

 

追記

同時に私は、誰かの人生のNPCだ。

妬みの権化として「うわぁ…」として見られるNPCもそれはそれで誰かの反面教師になって良いのかもしれないが、やはり普通の人間が良い。

いや、普通より良い人間でありたい。

そして天国へ行きたい。