読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

ちんこもちんぽも男性器感がない。

表題から分かる通り、少し18禁の話題です。

 

日本人の間で、男性器の愛称として親しまれている「ちんこ(ちんぽ)」という言葉。

 

だが、一体誰が考え広めたのだろう。

 

私はどうしても、ちんこやちんぽから「男性器感」が感じられない。

 

男性器感は私が今造った言葉ですけど、

要はその言葉から「ソーセージみたいな響きがするか」ということです。

 

ちんこという言葉。

その響きだけ聞くと、私の中ではどうも鈴や寺の鐘のような形状に感じます。

 

中が空っぽというか、空洞です。

 

男性器のイメージと言えば

「強くて太くてたくましい、中身は勿論いっぱい詰まっている」という感じですよね。

 

「ちん」というのがすごく軽い感じがしますし、最後の「こ」は逆に可愛らしささえ感じます。

 

エロ本で、女性が男性器をねだるセリフもありますよね。

それまでエロエロな雰囲気だったとしても、

「ちんこがほしい」とか「ちんこ…」など、「ちんこ」という言葉が出ただけでなんだか萎えてしまいます。

 

なんというか、本当にソーセージ感がない。

フィンガーチョコレートより軽そう。

そんなので突かれても全然大したことなさそう。

 

では類似語である「ちんぽ」はどうかと言えば、これはさらにダメです。

 

「ぽ」がピエロ過ぎる。

 

ぽって…ちんこからさらに軽くなってしまった感がする。

もはや己の体重をなくし、プカプカ浮いているようだ。

 

それならまだ「こ」の方がマシだ。

 

男性器を指す昔の言葉で「マラ」というものがある。

これはソーセージ感がする。

「ま」は魔法とか「悪魔」の「ま」で怪しい強さ感があるし、

「ら」は修羅場とか波羅蜜とか猛々しい感じがする。

 

 

「俺のちんこが…」

というより、

「俺のマラが…」

と言う方がかっこよくないですか?

 

日本はマラという言葉を復活させるか、

もっとソーセージ感がある新しいニックネームをつけるべきではないでしょうか。