読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

美容師はなぜドライヤー中にも話しかけてくるのか

美容室、行きますか?

私は行きます。

半年に1回くらい。

 

美容師がカット中に話しかけてくるというのは定番ですよね。

私の行く美容室もそうです。

まず「今日はお仕事休みですか?」みたいな人を選びまくる話からヌルリと話しかけてきます。

 

でも私も会話の練習だと思って話しますし、話が合えばけっこう楽しいです。

 苦痛ではない。

 

ここまでは良いんです。

フレンドリーですし、良いと思います。

 

問題はここからです。

私の行く美容室の美容師さんは、なぜかドライヤー中にも話しかけてきます。

 

しかも、

 

「それで、(ゴオーー!!)ですか?」

 

と疑問形で話しかけてくるんです。

「ですか?」って聞かれてもドライヤーの音がうるさくて聞こえないんですがね。

 

それに答えるにしても、こっちが聞こえづらいんだから相手も聞こえづらいと思って大声で返さなきゃいけない感じだし、

ていうかそんな大声出してまで伝えるような話題じゃないですし。

 

「ドライヤー中に話しかけないでください」とか言うのも

ちょっと違うというか、気まずいというか。

 

だからドライヤー中は目をつぶって寝たふりをするんですけど、

相手はさっきまで喋ってたから突然寝る訳がないと思っててかまわず話しかけてきます。

 

人間は突然寝ることだってあるって分かってほしい。

 

 

美容師さんも、仕事中はとにかく客に話しかけ続けることを強いられているんでしょうか。

 

美容室は戦場ですね。