読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

ワインが必要な料理は簡単な料理じゃない。

私は自炊をする。

 

カレーかシチューかトマトスープのローテーションだが、

たまには別のものを作ってみたくなる。

 

でも改めて買い物などはしたくない。

材料はまだ残っているからだ。

 

そこで、冷蔵庫に残っている食材を見て

「食材の名前 簡単 レシピ」でググる

 

「残っている材料で簡単にできる料理があればいいな」

と思いながら

上位に来たレシピを確認する。

 

そしてそこの必要な材料に「ワイン」があると、キレる。

 

ワインなんか常備している訳がない。

料理酒なら分かる。

なぜワインがいるんだ。

ていうか、「簡単」て書いているのにワインが入ると全然簡単じゃない。

 

まずワインを買いに走らなくてはいけない。

その時点で簡単じゃない。

苦痛だ。

 

それに調理に使ったワインは絶対余る。

残ったワインはどうすれば良いのか。

 

飲めばいいじゃないかと思うが、

私はワインは好きじゃない。

冷蔵庫にワインが入っていても全然嬉しくない。

 

しかもワインは瓶だ。

瓶はゴミ出しが面倒だ。

 

 

「簡単 レシピ」で検索したページに、

ワインは出てこないでほしい。

 

ちなみにテレビでの「簡単な料理」的な番組でも

この現象は起きる。

 

簡単と謳っておきながら必要な項目に「ワイン」があると、

これを紹介している人は

本当にその料理が一般家庭で簡単に作れると思っているのだろうかと思う。

 

ワインはな…

ワインっていうのはな!

ワインが必要な料理っていうのは、

あらかじめ「これを作ろう!」と気合を入れて計画し、

買い物メモを作るところから始めるような

本格的な料理だ。

 

そういうので贅沢に使うのがワインなんだよ。