読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

笑ったり泣いたり、だから人生は楽しい。…な訳あるかぁー!!

表題の通りです。

 

漫画やドラマや映画で、よくそんなセリフを耳にします。

 

その世界のボス「人生は悲しみに満ちている」

その世界の主人公「それは違う!泣いたり笑ったりするから人生は楽しいんだ!」

 

みたいな展開。

 

あのさぁ。

 

笑うのはいいよ。

楽しいし、嬉しいし。

 

でも「泣いたり」は嫌だ。

この場合の泣くって、「嬉しくて泣く」とかじゃなくて

悲しくて泣く、悔しくて泣く、の「泣く」でしょ?

 

悲しいのも悔しいのも楽しいって?

そんなの嘘でしょ?

 

・悲しみや悔しみのある人生

・それがほとんどなく、喜びの多い人生

 

どっちか選べって言われたら、みんな後者を選ぶでしょ?

 

私はできるなら「笑い」だけの世界にいたい。

人類全員がお釈迦様みたいなすごい悟りを開いた人で、

争いや憎しみや悲しみがない世界がいい。

 

笑ったり泣いたりする、そういう浮き沈みがあるなんて嫌だ。

平坦でいたい。

 

それに笑った後の悲しみは倍つらい。

つらさの後には笑いが来るかもしれないが、

つらさの度合いによって笑いはかなり後にならないと来ないかもしれない。

人によっては笑いが来る前に死ぬかもしれない。

生きている間に次の笑いが来るなんて保障は、絶対にない。

 

人生いろいろあるから面白い、ていう人もいるけど、色々なくていいよ。

いろいろあった方が面白いってことなんだろうけど、

色々って「つらいこと」とかも含まれるでしょ?

 

私は、

人生にはつらさや苦しみが必要だと、肯定したくない。

 

そういう負の感情は、

本来は「必要のないもの」だと思いたい。

 

つらさや苦しみがないと人間が成長しないというのなら、

成長しなくていい。

 

楽しいとか笑うとか、

そういう「陽」の感情だけで生きてこそ、

人生は楽しいと胸を張って言える。

そしてそれが、人本来の生き方だと思う。 

 

もし人が全員悟りを開いて幸せな世界になったら、

動物や草に、「人間は楽しいよ、次はぜひ人間に生まれてきてね」と言うだろう。

 

でもつらい、苦しい、憎い、泣きたい…

そういう負の感情がある限り、

人生楽しいよ~★人間オススメ!

なんて言える訳ない。

 

もし犬や猫や兎が言葉を話せて

「次は人間に生まれ変わりたいな!」とか言ったら全力で止める。