読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

ドラマがつまらない=役者が悪い って誰が言ってるの?

春のドラマが始まった。

さっそく、どのドラマの視聴率が高いとか低いとかニュースになっている。

 

そこでよく見るのが、

 

ドラマがつまらない=役者が悪い

 

という意見だ。

 

おかしくないか?

 

演技が下手な役者がいるが、

ドラマの展開や続きが気になるから見てしまう

 

というのはあるが、

 

ドラマはものすごくつまらないが、

役者の演技がうまいので見てしまう。

 

後者の状態でドラマを見続けるって

ほぼないような気がするのだが。

 

というか、テレビに出てる役者が全員大根ということはほぼない。

大根が出現するのは、芸能界のしがらみで押し込まれたアイドルが1人とか

そういうレベルだ。

 

ヒロインが大根の場合、

周りは普通にできる役者で固めてあることがほとんどだ。

 

しかもドラマがつまらないで叩かれるのは

役者が新人の場合だけでなく、普通に名の売れている役者でも言われる。

 

役者が普通なのにドラマがつまらないのは、

 

・ドラマの脚本がダメだった

・キャスティング選びがダメだった

 

のどちらかだろう。

 

ということは役者が悪いのではなく、

テレビの製作者が悪い。

 

でも、

脚本家の〇〇さんが書いたドラマはつまらないとか

ドラマの配役を決定した〇〇さんは下手とか

 

そういうニュースはあまり見ない。

 

ドラマが失敗すれば、とりあえず役者のせい。

人気の女優や男優を主演に立てて、

ドラマが人気にならなければ「あの役者も潮時だ」みたいな言い方。

 

 

ドラマがつまらないのは、

ほとんどの場合役者のせいじゃなくて

その役者を選んだテレビ局の人間だ。

 

もしくは脚本の作り方だ。

 

テレビの製作者は卑怯だなと思う。