読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

ドラマ 犯罪症候群6話 感想 ピエロ怖すぎだろ…

誘拐事件です。

 

いや~、

なんていうかさ、

最近見たドラマの「子供誘拐事件」って、

 

・犯人がやたら子供に対してフレンドリー

・子供が犯人にタメ口叩く

 

など、生ぬるい展開が多く

それに比例して子供が調子に乗っているシーンが多く

 

子供うぜぇ…

現実はそんなんじゃねぇぞ…

 

と思っていたら、

犯罪症候群がやってくれました。

 

ピエロですよ。

怖い。

大人もビビる怖さ。

そして誘拐した後もピエロを貫く犯人。

 

恒例の「子供の声を聞かせて!」という両親に対して、

子供の「だずげで!!」みたいな声。

 

そうなるよね。

 

「やっほ~!このゲームおもしろ~いアハハ」

みたいな

ジュース飲みながらゲームやってる誘拐現場とはまるで違います。

 

こりゃあ助けてあげたくなりますわ。

 

そして犯人にやられる主人公。

倒れてるのに誰も起こしてあげない現場。

主人公気の毒ですね。

 

 

次の回で子供が助かると良いのですが。

てか犯人は父親父親っぽいですよね。

息子と孫欲しさに狂言誘拐とか…。