読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

常に足の小指の爪が割れている。

”タンスに足の小指をぶつけてダメ―ジ受ける人”は多い。

 

私も同じだ。

 

そのせいで、足の小指が爪に縦に割れている。

 

爪が再生してきた所で

再び運悪く小指をぶつけるので、

小まめに爪が割れてしまい

ここ数年まともな小指の爪を見ていない。

 

具体的にどうなっているのかというと、

 

小指の右側1/3に、縦にひびが入っている。

 

おかげでこの小指右側1/3の爪が

よくもっていかれそうになる。

 

裸足で歩いていてコーナーや家具に小指がぶつかると、

その1/3の爪だけが剥がれそうになるのだ。

 

その他にも、

1/3は脆弱なので色んな刺激で剥がれそうになる。

 

例えば靴下の糸にひっぱられるとか

ソファの糸にひっぱられるとか

 

簡単な所で爪を持っていかれそうになる。

 

怖すぎる。

 

私は「爪を剥がされる」という

シチュエーションがとても苦手だ。

 

前世で爪を剥がされて死んだんじゃないかと思うくらい

恐怖感がある。

 

カイジの爪の間に針みたいなのを入れられるシーンも

モンスターの爪切りで爪をはがされるシーンも

直視できず早送りした。

 

「爪を1枚剥がされる」か「死ぬか」という選択肢が出たら

迷わず死を選ぶ。

 

それくらい苦手だ。

 

そんな私が、足の小指の爪1/3がたてに割れているせいで

事あるごとに「爪が剥がれるんじゃないか」という

恐怖に怯えることになってしまった。

 

早く普通の爪になりたい。

早く、爪を気にしない普通の人になりたい。

普通が欲しい。

 

 

普通に憧れるマンガとかに出てくる能力者や異常者も

こんな気持ちなんだろうな。