読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

小説「ハサミ男」2週目。

ネタバレのため空白。

ハサミ男2週目。

 

あまりにも意味不明というか、

自分の中で視点の切り替えがうまくいかないので、

最初から

 

「わたし」=「安永さん(女性)」

 

として

小説を最初から読み直した。

 

周回ルートである。

 

読後。

あっあっあ~~~~

なるほどね!

 

バターを乗せたトーストとかオレンジジュースとか

朝食がオシャレなのは女性だったからか。

ついでによく見たら、煮物とかも食べてる。

 

佐々塚さんがやけに用件を言いつけたり挙動不審だったのは、

「安永さんが美人設定」だったからか。

 

デブじゃなくて「でぶ」、というのが一読した時も少し気になったが、

女性だったからか。

 

へ~~~~。

 

モヘアのセーターとか、やけに女性の服に詳しいのも女性だからか。

 

なんか読めば読むほど、

この「わたし」は女性にしか見えない。

最初に読んだ時は完全に男性に見えていたのに、不思議だ。

 

「どうしたんですか…」

↑こいつが日高さんか~!確かに気弱そうだ!

日高さんは、2番目の発見者ってことだね。

 

今まで遺体発見者は日高さんだけかと思っていたけど、

よく見たら太った男性と女性の2人が事情聴取を受けている。

すごい。

全く気が付かなかった。

 

最初から「わたし」=安永さんだと読むと、

問題の小節22からもすんなり読めた。

 

なるほど~。

ここで、安永さんは日高さんが犯人だと言ったのか。

そして犯行がバレたので、日高さんを殺害。

日高さん、本当にちょこっとしか出番なかったんだなあ。

 

結論。

ハサミ男は、2週目が面白い。

物語がすごくよく分かる。

 

1周目と全く別の視点から読むことで、

「わたし」が女性だという色んな

ヒントを見つけることができる。

 

面白い。

ハサミ男を読む方は、ぜひ2週目をお楽しみに。