読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

『ツツジの密 泥棒事件』何でもかんでもTwitterに載せるのがそもそも悪い。

Twitterで少し話題になっている事件がある。

その名も『ツツジの密 泥棒事件』だ。

私が勝手に名づけた。

 

ある母親が公園かどこかのツツジの密を子供が吸っていたのを

「懐かしい」としてTwitterにあげた。

 

すると

「公園にあるツツジの花を勝手に摘むな」

と非難されたのだ。

 

確かに、公園に植えられている花は自生もあるがほとんどは税金で

植えられたものだ。

 

公園に咲いているチューリップを切って持って帰ったりしたらダメなのと同じように、

ツツジの密を吸うのも結果的には花を摘んでしまうから法律的にはアウトかもしれない。

 

だが、子供がこっそりツツジの花の蜜を吸うことが悪いかと言うと、

悪とは言えない気がする。

 

それに、昔そんな罪悪感を持たずにけっこうな人がやっていた気がする。

 

「花の密を吸う」という行為は、だいだい子供から子供に受け継がれる

伝統的な遊びみたいなものだ。

 

個人宅の花はマズいが、公園のを2つくらいなら、まあ許されるような気がしないでもない。

 

だが、それを親が「Twitterにあげる」。

 

これこそが最大の罪だと思う。

 

公園のツツジの密を吸うのはグレーゾーンで、

本当はダメだが許されている部分もある。

 

それを「楽しいですね!」みたいな言葉をつけて親がTwitterに載せて全世界に

公開すると、おいおいちょっと待て、となる。

 

正直、「やる人が少ない」「被害が少ない」から許されているのであって、

このTwitterでやる人が増えて本格的に被害が増大したら、規制されてしまう。

 

やるなら黙ってやれ、ということだ。

 

つーかなんでもかんでもTwitterにあげるなよカス、と思う。

 

例えばさ、イヤイヤ期の子供はそりゃあもう手がかかるらしい。

一度ヒステリーを起こすと、物を投げまくって大変らしい。

その時に、まずは落ち着かせるために10分だけ押し入れに閉じ込めたとする。

 

その子供にはこれは効果てきめんで、10分後には落ち着いて

冷静にお母さんと話ができる状態になる。

子供も別に根に持つようなことはないし、お母さんも怒りに任せて閉じ込める訳ではない。お互いにただの作業だったとする。

 

でもTwitterで「ただいまお仕置き中~★」として押し入れに閉じ込めて泣きわめく最中の子供の写真をアップしたらどうだろうか。

 

それこそ虐待案件として警察に通報される。

 

Twitterではその人の事情とか、性格とか全てを伝えることはできない。

その場の空気とか、家庭の中だけで収めておくべき事柄はたくさんある。

 

そんなのも分からずに

何かしたら「ネタ!」と飛びついて写真をあげまくるのは本当にカスだと思う。