読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に不平不満を書く日記

9割不満、1割賞賛を述べる日記です。

友達100人なんていらない。友達2~3人で十分だ。

友達が100人できそうな歌がありますよね。

 

ジャスラックが来そうなので歌詞は書きませんが、

最終的にフジヤマの上でライスボールを食べる歌です。

 

でも、実際友達は100人もいらないと思う。

学校や職場、その場のライフステージで、

仲が良いと思える人が2~3人いれば十分だ。

 

例えば、小学校のクラス30人が団結しているとする。

でもその30人がみんな等しく仲が良いかというとそうではない。

 

よくよく見ると、一番人気で一番頼られている子が1人おり、

その子を支える二番目に人気で二番目に頼られている子が2~3人おり、

それを囲む信者的な子が10人くらいいる。

 

残りの子はそこの子達の圧倒的なリーダーオーラに

ひっぱられているだけだ。

 

いくら「全員団結している」と言っても

 

クラスで一番人気のない子がクラスでのリーダーと

親友ぐらい仲が良いかと言うと

 

そうではない。

 

おそらく友達と言うより

自分についてきてくれる部下の部下の部下…という感じだろう。

 

部下だから優しくするけど、

一緒に遊びたいか、食事をしたいかと言われたらそうではない。

結局個人的な付き合いとしては、リーダーは上の2~3人たちとつるむ。

 

それが悪いこととは言わない。

クラス全員と同じレベルで友達になるというのが無理なのだ。

 

クラスで一番人気のない子は、

自分と親しくしてくれる2~3人と限定して付き合えばいい。

 

その子らがスクールカーストのどの辺にいるかは関係ない。

きちんとした付き合いをしてくれれば、それでいい。

 

たくさんの人と友達になろうとしないで、

自分の周りに仲が良い人を2~3人作って、

固まってしまえば良い。

 

それだけで人生は楽しくなる。

 

なんていうかな、

「皆と友達になろう!」というと、

友達の親密度がぶれる気がする。

 

幅広く友達を作るんじゃなくて、

狭く深く友達を作った方が

 

人生を総合的に見ると良い気がする。